糖尿病とは?主な原因

生活習慣病が蔓延している現代、糖尿病の名前を知らないという人はもはやいないでしょう。代表的な生活習慣病の一つである糖尿病はその発生や悪化が食生活に深く関連しており、それだけに予防のための対策や各個人の治療も人によってはとても難しいものです。できれば若いうちから糖尿病の原因や基礎知識を知っておき、生活習慣が完全に固定化してしまう前に糖尿病のリスクが低い生活習慣や食生活を心がけていくことが勧められます。

糖尿病は糖を含む尿の病とは書きますが、主な病態は血液に糖が多く混じっている状態が長時間継続してしまう病気です。糖が代謝されないため尿にも糖が混じることとなりますが、結果として起こる現象の一つに過ぎません。糖の濃度が高い状態ではタンパク質と糖が結合し変性したタンパク質へと変化してしまう「糖化反応」が起こりやすくなるため、血糖値の高い状態が持続すると体に致命的なダメージを与えます。

そのため人間は血糖を低下させるためのホルモンを用いた血糖調節機構を持っていますが、歴史の中で長い間飢えと闘ってきた人間は低血糖状態を持ちこたえるための機構を三系統も用意していますが、逆に飽食の時代を生きた時間は人間の歴史の中では一瞬であり、長い間多くの糖を処理する必要性がなかったため血糖を下げるための機構は一系統しか用意していません。それは膵臓がインスリンを分泌しその働きで血糖を代謝し減らすというものです。

つまり、膵臓がインスリンを分泌し、血液内でインスリンの働きにより糖が代謝される・・・・・・このただ一系統の血糖値低減システムが瓦解したとき、その状態を糖尿病と呼んでいるのです。糖尿病遺伝性である一型糖尿病を除けば、繰り返し大量のインスリンを分泌させるような糖質の過剰摂取など食生活によって強く引き起こされます。

糖尿病の人工透析を受ける人の寿命とは

昔は人工透析を開始した腎不全患者の寿命は著しく短いもので、人工透析最中の患者の健康状態も総じて好ましくないものでした。現代では人工透析技術が進歩し、人工解析中の患者の健康状態悪化に関してはだいぶ改善されてきましたが、人工透析という行為そのものが原理的に人体へ負担をかけることは今でも変わりません。そのため、非人工透析者と比べ平均寿命が短くなることは避けられません。新しいデータによると、現在では人工透析開始時の平均余寿命がおおよそ半分になるとの結果が得られています。

人工透析は、機能しなくなった腎臓の代わりに機械で体内の不要物を濾過し排泄するという治療のことです。糖尿病は糖化反応によって体内のタンパク質を次々と変性させていくため、多くの臓器が致命的なダメージを受け、ある程度以上進行した糖尿病患者の多くは腎機能障害も患うこととなります。これを糖尿病性腎症といい、ここまで来てしまうと人工透析が必要となります。

一般的な保険適用内の人工透析では、2~3日おきに6時間程度の人工透析にて体内の不要な成分や水分を機械が外に排出するのですが、本来なら腎臓が1日以上かけてゆっくりと排泄する成分をたった数時間で急激に強制排出するため、主に血管と心臓に大きな負担がかかります。

そのため人工透析を長期間に渡り行っている人では合併症の発生率が上がり、末期には人工透析中に心停止が発生するようになり、無事に透析を終えられないと判断されると最終的には透析を断られることになります。これらの事象を全て加味すると、現在では余寿命が平均して半分になるとされているのです。もちろん平均の話ですので、それより長生きする人も早くに逝ってしまう人もいます。

糖尿病に自覚症状はないの?

糖尿病は自覚症状が現れにくいと言われていますが、全ての人に自覚症状が出ないわけではありません。人によっては出てしまうこともあります。

自覚症状が出るケース

大半の人は自覚症状がないのですが、中には高血糖症状が出てしまう場合もあります。高血糖症状というのは、空腹のときも高い血糖値になることで、急な体重の減少や疲労感などがあります。

他にも勃起不全や不整脈、目のかすみや多尿になるケースが見られます。しかし、このような自覚症状が出る人はほんの僅かで、大半の人は糖尿病が進んでから症状が現れるのです。

検査で見つかることが多い

大半の人は、健康診断や病気になったときに行われる検査で発見されてます。全く自覚症状がないから健康だと思い、検査を受けたら糖尿病だったというケースが多いでしょう。

しかし、症状が出ていないからといって、まだ初期段階だとは限りません。ある程度酷くなっても症状が出ないという人もいるので、やはり定期的な検査で発見するのが最もよい方法だと言えるでしょう。

合併症が出てから発見されることもある

健康診断などの検査で発見される例が最も多いのですが、中には他の病気で病院に行ったことで発見されるケースもあります。例えば目が見えにくくなったので病院へ行ったとしましょう。

しかし、目が見えにくいのは目の病気ではなく、糖尿病の合併症であったという事例もあるのです。このように合併症がすでに出ている場合には、かなり進行している状態なので、早急に対策を練りましょう。

血糖値・ヘモグロビンa1cの数値に注意!

糖尿病の基準となるのは、血糖値とヘモグロビンa1cです。この2つの数値が高くなると、糖尿病ということになります。

血糖値について知る

血糖値には、大きく分けると正常型、正常高値、境界型、空腹時高血糖、食後高血糖があります。そしてもう1つが糖尿病なのです。正常型と正常高値が正常な状態を示しています。

境界型と空腹時高血糖、食後高血糖は糖尿病予備軍となり、危険な状態だと言えるでしょう。そして糖尿病予備軍を超えると糖尿病となるので、血糖値には注意する必要があります。

性別によるヘモグロビンa1c

ヘモグロビンa1cというのは、性別によっても基準値が変わってくるのです。それほど大きく変わるというわけではありませんが、若干男性の方が高くなっている傾向にあるでしょう。

ただし、男性でも女性でも、6パーセントを超えてしまうと要注意です。糖尿病の危険性があるので、常に6パーセント未満の状態を保つようにしましょう。

年齢によるヘモグロビンa1c

ヘモグロビンa1cは性別だけではなく、年齢によっても基準値が変わってきます。もちろん年齢が高くなるほど数値も高くなるケースにあるのですが、それでも6パーセント未満というのはしっかりと保たないといけません。

ちなみに7パーセントを超えてしまうと、糖尿病の可能性が高くなり、合併症が出てくるケースもあります。8パーセント以上の場合には糖尿病だと言えるので、普段の生活習慣から変えていかないといけません。

糖尿病を予防するには?

糖尿病はなってから対策を練るのではなく、かかる前に予防をする必要があります。予防方法はたくさんあるので、できることからどんどん行っていきましょう。

カロリーの過剰摂取を控える

糖尿病になった場合に真っ先に行うことが食事制限です。そのため、裏を返せば普段から食事制限をしておけば、糖尿病にかかりにくくなります。では、どのように注意すればよいのでしょうか。

糖尿病になったらこれを食べてはいけないという食品はありません。そのため、バランスのよい食事と、カロリーの過剰摂取を控えるべきです。1日に必要なカロリーをオーバーしないように注意しましょう。

適度な運動を心がける

食生活の改善と同じぐらい重要なのが、適度な運動をすることです。人間も動物の一種なので、適度に動くことで健康な体を維持できます。また、カロリーを多少多く摂取しても、運動をすることで消費することができるのです。

しかも筋力の増強や抵抗力を高めること、新陳代謝を高めることもできるので、定期的な運動は欠かせません。ただし、いきなり激しい運動をすると、体への負担が大きいので止めるべきです。

サプリメントを利用する

食生活を改善し、バランスよく栄養分を摂取することが糖尿病予防には欠かせませんが、なかなかうまくできないという人も多いでしょう。そのような人におすすめなのがサプリメントです。

普段摂取できない栄養素を摂取することで、糖尿病予防になる場合もあります。普段のメニューを書き出して、どの栄養分が足りていないのか検討してみましょう。

糖尿病に効果のあるサプリはどんな成分

サプリメントはかなりの数が出ているので、どれを選ぶべきかわからなくなる場合があります。そんなときは糖尿病に効果的な成分が入っているサプリメントを選びましょう。

脂肪の分解作用が期待できるサポニン

糖尿病は脂肪分の取り過ぎでなってしまう場合もあります。そこで脂肪の分解作用がある成分を使用しているサプリメントがおすすめです。脂肪を分解してくれる成分というのは、サポニンがよく知られています。

高麗ニンジンなどに含まれている成分で、多くのサプリメントに使用されています。他にも亜鉛やサラシアなどが糖尿病によい成分といわれており、多糖を分解する酵素が含まれています。

血糖値を正常化するピニトール、イヌリン

数多く存在している成分の中には、血糖値を正常化する成分も存在しています。糖尿病かどうかを判断する基準が血糖値なので、それを正常化してくれるというのはうれしいでしょう。

その成分がイヌリンといいます。ダイエット効果の高い成分といわれているので、肥満解消にも効果的です。ピニトールという成分にも同様の効果があるので、注目しておきましょう。

難消化性デキストリン

サプリメントに使用されている成分の中には、デキストリンと呼ばれているものがあります。デキストリンは糖質なので、ダイエットや糖尿病の天敵だと言えるでしょう。

それなのに糖尿病によいサプリメントになぜ含まれているのでしょうか。それはデキストリンには2種類あり、一般的なデキストリンは糖質ですが、難消化性デキストリンは食物繊維なので、ダイエットにも糖尿病予防にも向いているのです。

 

投稿日:2015年5月10日 更新日:

Copyright© 糖尿病予防サプリメントランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.